Kindle Paperwhite を購入した

未分類
スポンサーリンク

Kindle Paperwhite を購入しました。

最新式じゃなくてちょっと古い2015年モデル。

もっと詳しく書くと、

32GB、wifi、広告なしモデル。

一日触ってみた感想を書いていこうと思います。

良かった点、いまいちな点を箇条書きで書き出してみると、こんなかんじ。

良かった点

  • 軽い
  • 見やすい

イマイチな点

  • 遅い、画面更新がやや気になる
  • やや小さい、雑誌はやや厳しい

良かった点

軽い

画面サイズが6インチとちょっと大きいのに重量は 200g と結構軽いです。持ち歩くのにはそれほど気にならない重量です。

見やすい

E Ink ディスプレイのお陰で、長時間画面を見つめていても疲れにくいです。

スマホで電子書籍を読んでいると、目がしょぼしょぼすることがありますが、Kindle ではおこりにくいです。

イマイチな点

遅い、画面更新がやや気になる

動作が遅いです。画面の更新もE Ink ディスプレイのせいで時間がかかります。

内蔵 CPU も低スペックのためか動作に引っかかりを感じます。

書籍の検索や購入はスマホ、タブレット、PC のほうが
Kindle は購入した書籍の用途くらいにしか使えません。

やや小さい

画面サイズが6インチです。スマホよりも一回り大きく、ほぼ文庫本のサイズとなります。

活字を見る分には程よい大きさです。

ただマンガや雑誌を閲覧するにはやや小さいです。マンガや雑誌では元となる媒体がB6やA4サイズのため、Kindle で閲覧していると文字が潰れてしまって読みにくいということがありました。

雑誌の閲覧には10インチクラスのタブレットが読みやすいだろうと感じました。

所管

「amazon の活字の電子書籍を閲覧するための端末」です

本当にそれしか感想が出てきません。

できることは本当にごくごく限られています。

ただ「活字の電子書籍を読む」という用途だけはかなり快適におこなえるので、まあアリかなぁっという印象です。

電子書籍の閲覧用端末としてあったら便利ではあります。

コメント