日記

ブログやサイトで小説を投稿することのメリット、デメリット

こんにちは、@Ouvillです。

自作の小説を投稿せんがために勢いに任せてブログを開設しました。

いま、まあこのブログなんですど。

さてさて、ブログを作ったは良いのですが、わざわざブログを作った意味があるのかどうかを考えてみたいと思います。

まずは個人ブログを開設したときのメリットを考えていきましょう。

メリット

自由に書ける

自由に書けるっていうのが一番のメリットだと思います。どんな内容を書いたとしてもサイト運営者から勝手に削除されるということはありません。

広告収入が望める

自分のブログに広告を設置することで広告収入を狙うことができます。自分の書いた小説によって収入をえることが出来る。中々に魅力的じゃないですか?

小説以外のことも書ける

小説投稿サイトは小説を投稿することに限られますが、個人ブログ、個人サイトであれば、小説のほかに、日記、オススメの情報発信、商品レビュー、イラスト、漫画・・・・・・etc。様々な情報を発信することが出来ます。

デメリット

サイト構築に時間が取られる

サイトの構築になかなかの時間がとられます。サイトの知識を身につけなければ、思ったようにレイアウトができないのがつらいです。私自身も結構サイトの構築の勉強に時間をとられています。

ユーザーを自前で誘導しなければいけない

サイトの広報活動をすべて自分で行わなければいけません。サイトを閲覧してもらうまでが大変です。

小説家になろうや、カクヨムといった小説投稿サイトは固定のユーザーがいます。投稿すれば新着投稿に載り、そこから閲覧しに来てくれる人も居るでしょう。ランキングに載ることもあり、PVを稼ぐのは小説投稿サイトのほうが楽だと思います。

投稿が新しい順に並んでしまうことがある。

特にブログで連載小説を投稿する場合の注意点です。ブログというのは基本的に投稿が新しい順に並ぶのが一般的です。そのシステムにおいて連載小説を投稿してしまうと、第一話がサイト下部に表示されることになり非常に見難いサイトになってしまいます。

まとめ

恐らく小説の執筆に集中したいのであれば、小説投稿サイトでおとなしく投稿しておいたほうが良いと思います。

自分専用のサイトで自分の好き勝手にできるというのは魅力ではありますが、小説投稿サイトで投稿していくほうが手軽で楽です。

自分はアフェリエイトで稼ぐんだ!自分は小説以外にも違う情報を発信するんだ!という人は個人ブログ、個人サイトを作成することも良いと思います。

あとがき

ちなみに、このサイトはWordpress というソフトを使って構築されています。Wordpress はブログ、サイトの構築に特化したソフトウェアで多くのサイトで使われています。

wordpress.com というサイトで簡単に開設することができるため、サイト構築に興味があるひとは利用してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す