日記

Kindle 本を出版するときは Amazon 公式情報を見ましょう

こんにちは、おーびる(@Ouvill )です(/・ω・)/

先日、電子書籍を Kindle ストアにて登録してきました。そこで思ったこと。まずは公式情報を読んだ方がよい、ということ。KDP出版を考えているひとは、ぜひ公式のヘルプページを一読ください。

KDP 利用するなら、公式情報を見よう

Kindle 本の出版の方法について書かれたブログはたくさんあります。

参考になるブログ記事も多くあるのですがところどころ間違っていたり、情報が古くなってしまっていることがあります。

一番正確な情報を得るために、Amazon 自身が発信している情報をみましょう。

AMAZONのヘルプページで、KDP出版を丁寧に解説してくれています。

KDPへようこそ : Amazon公式ヘルプページ

とくに利用規約等は把握しておくべきです。正確な情報に基づいて適切に行動しましょう。

うっかりしていて利用規約違反になっていたということになれば目も当てられません。

電子書籍で解説もある

Kindle ストアでは 「Kindle 本の出し方」を解説した電子書籍がたくさんあります。しかし、それらも間違っている場合もあり、情報が古くなっていることもあります。

幸いにも公式、つまり、Amazon が KDP 出版の方法について解説した本を電子書籍として無料配布しています。他の本を購入するまえに、一度こちらの本を読んでみることをおすすめします。

Kindle本を作成するには
  • Kindle Direct Publishing
  • 価格   Check on Amazon
クリックして今すぐチェック

こちらの本では、Word でKDP向けの書籍を作成する方法を解説しています。

こちらの本では、KDPアカウントの登録から、銀行口座の登録、税に関するインタビュー、原稿の追加、表紙の追加、価格の設定方法などを解説しています。

まとめ

正しい情報をえて、正しく利用しましょう。

それではまた(´∀`*)ノシ

コメントを残す