[Web小説] FREE WIFI の危険 [自作小説]

スポンサーリンク

こんにちは、おーびる(@Ouvill )です(/・ω・)/

ハッカーのお話。私はこんなことしてませんよ。

おそろしいフリーwifi

喫茶店はいい。特に無料で wifi スポットと電源を提供している喫茶店はいい。仕事用のパソコンを持っていけば、ちょっとしたオフィスに早変わりだ。
特に駅ナカ、駅のすぐ近くにある喫茶店などは最高だ。人々が慌ただしく店の外を歩き去っていくのを見送りながら、ゆったりと飲むコーヒーほどうまいのはない。

ということで、私は喫茶店に行くのが大好きだ。

今日も私は仕事をしに駅に併設された喫茶店に来ていた。店内にはスローテンポのジャズが流れており、ゆったりと落ち着ける雰囲気だった。

一人だということを店員に伝えて、店の隅の席に座る。コーヒーを一杯頼みながら、持ち込んできたノートパソコンの電源を入れる。パソコンが起動するのを待つ間、私は店内を見渡した。

席はそこそこ埋まっているようだった。スマホをいじりながらおしゃべりをしている女子高生、ノートパソコンをカタカタと叩いているサラリーマン、ケーキセットをつつきながらおしゃべりに興じる奥様方……などなど、人々は思い思いに過ごしていた。ここの喫茶店はwifi スポットと電源を無償で提供しているために、電子機器を操作している客が多い。

さてと、私もお仕事に取り掛かるとしよう。ここには仕事をしに来たのである。人間観察をしにきたのではない。

私は店内に張り出された wifi の SSID と パスワードを見た。SSID とは wifi のアクセスポイントの名前のことで、名前とパスワードがわかると店内で無料提供されているインターネットに接続できる。
店内のSSID はCoffee_wifi らしい。いかにも喫茶店らしい名前だ。

私はノートパソコンの wifi に全く同じSSID、パスワードを設定した。モードは中継器モード。子機モードではなく中継器モードである。

このモードは wifi の電波を私のパソコンで中継してやるモードだ。中継することで電波状況が改善し、インターネットに繋がりにくい場所を減らすのが本来の目的である。しかし、私の目的は別にある。

今店内には二つの wifi が飛んでいることなる。喫茶店が用意した wifi と、私のパソコンが発している wifi の二つだ。店内の wifi を利用しても、私の wifi を利用してもインターネットにつなぐことができる。まったく同じSSID、パスワードなので、他のお客からはどちらが店側の wifi なのか簡単に区別をつけることができない。間違って私の wifi に接続してくる人も出てくる。

中継状況を監視するソフトを立ち上げた。ぽつぽつと私のパソコンを経由してインターネットに接続している電子機器が増えてきた。

コーヒーを飲みながら私はほくそ笑む。いいぞ。今日は調子が良い。

私のパソコンを経由している通信はすべて私の思い通りに制御ができる。こっそりと通信内容を見ることもできるし、嘘のサイトを表示させることもできる。その気になれば、ショッピングサイトに利用しているユーザーID と パスワードを盗み見ることなどもできる。

そして、実際に盗み見るソフトを立ち上げていた。

つまり今 wifi でインターネットを閲覧している人は気づかないうちに、私にIDとパスワードを盗まれているのだ。

店内のお客さんが通信すればするほど私のパソコンには ID と パスワードが記録されていった

ただただカフェでコーヒーを飲みながら、パソコンを起動するだけで個人情報がぽこぽこ手に入るのだ。簡単な仕事だ。集まったIDとパスワードはどうしようか。ダークウェブで売ろうか。

セキュリティに疎い人たちが多いおかげで、今日も儲かった。なぜこうも迂闊に店の wifi などを使おうとするのか気がしれない。

私は追加のコーヒーを注文した。ここのコーヒーは美味いなぁ。

あとがき

はい、ハッカー視点の物語でした。無料公開の wifi が増えてきましたが、何の知識もなく利用するのはかなり危険なので注意しましょう、ということで書きました。

もし、外出先で wifi を利用する場合、しっかりとセキュリティについて学んでから利用することをオススメします。

VPN を使いましょう

無料で公開されている wifi は便利です。通信料を節約するために格安Sim + フリー wifi を運用している人も多いのではないでしょうか? ですが、気が付かぬ間に大切なID、パスワード、クレジットカード番号などが盗み見られることもあるので、あまりフリーwifiの利用はオススメしません。

今回書いている攻撃方法はかなり一般的なものです。ちょっと知識がある人が検索すれば、あれよあれよと情報が出てきます。

それでは、安全に wifi を利用するのはどうするかですが、

  • SSL 通信を利用する(ブラウザの鍵マークを確認)
  • VPN を利用する

という方法があげられます。

しかし、今回のシチュエーションのように wifi のアクセスポイントが悪者の手に支配されていた場合、ブラウザに鍵マークがついていたとしても、通信を偽装できる場合があります。詳しくは書きませんが……。

なので、私がオススメする方法は ** VPN を利用する ** という方法です。

VPN とは通信を暗号化して盗み見や改ざんを防ぐ技術です。VPN を利用しておけば、wifi を偽装されても盗聴されることはなく、安心です。

VPNを利用する場合、一番良い方法は個人で VPN サーバーを立ち上げて通信することです。ですが、一般の方々にはやや難易度が高すぎるかもしれません。次善策として、VPN サービスを提供している会社と契約し、VPNを利用するのが良いです。

VPNサービスを提供しているサイトはたくさんあります。有料のものもあれば、無料のものもあります。時々、VPNを提供している会社自体が盗聴していることもあります。なので、どことVPNを契約するかは慎重に決めなければなりません。

私が個人的にいいなと思っている VPN サービスは以下のものです。

ProtonVPN ※英語サイト

プライバシーを最優先に扱っているところです。なおかつ、無料で利用することもできます。
速度はソコソコといったところ。ProtonMail という暗号化メールを売りとしている会社が運営しています。

VPN ? なにそれ? そんなのいらんいらん。めんどくさい! という人は、wifi スポットを利用しないほうが良いでしょう。

VPN というサービスを利用するのは面倒くさいかもしれませんが、利便性とセキュリティはトレードオフなんだと思って諦めましょう。安心安全にネットを利用したくありませんか? フリーwifi を利用する人はVPNを有効にして、自身の通信を保護しましょう。

コメント