日記

小説投稿サイト:「ツギクル」を使ってみた – AIによる文章解析が特徴

こんにちは、オービル( @Ouvill )です。

さきほど、このブログで掲載している「大魔法使いの若返り」をツギクルに登録してきました。

で、今回はツギクルというサービスについてご紹介

ツギクルとは

ツギクルとは無料小説投稿・登録サイトです。ツギクル自体に小説を投稿することもできますし、外部サイトに投稿している作品を登録することもできます。たとえば、「小説家になろう」に投稿している作品をツギクルに登録できます。

ツギクルに自作の小説やブログを登録しておくだけで、少しばかりの読者の流入が見込めます。是非利用しましょう。

ツギクルの特徴「人工知能を用いた文章評価」

AI を活用したレコメンドシステムがツギクルの売りです。投稿されている作品に対して、テキスト解析エンジンが評価してくれます。下記の項目について分析が行われ、スコア付けされるようです。

  • 小説作品に対する総評
  • カテゴリーとの相性
  • 構成要素
  • 文章の読みやすさ
  • 文章の傾向
  • 文章の構造
  • 相性のよい作品に関する分析

(http://www.sbbit.jp/article/cont1/33714 から引用)

ツギクルで評価できる作品はツギクルに自体に投稿された作品、または、「小説家になろう」に投稿されて、外部作品として登録されている作品になります。

特徴的な作品キーワード

思いっきりWeb 小説を意識しています。最初の投稿キーワード設定の時点で「転生」、「悪役令嬢」、「俺TUEEE」といったものが用意されています。もう完璧「小説家になろう」に投稿されている作品を意識していますね。

ツギクルに用意されている作品のキーワード
ツギクルに用意されている作品のキーワード

出版申請して書籍化も!?

登録した小説のアクセスが集まり、評価されると「クル」というポイントが貯まります。ポイントが1000ポイント貯まると出版化申請を行うことができます。出版化申請がされた作品は、編集部が審査を行い出版するかどうか決定づける模様です。アルファポリスと似てますね。

ちょっとした不満点

ログインパスワードの長さは、6文字以上 10文字以内にする必要があります。

パスワードの最大長さが10文字って短いです。セキュリティ的にどうなのって不満を持ってしまいます。

あとがき

アルファポリスとよく似たシステムだなぁ、と使用していて思いました。外部サイトの小説を登録できることや出版化申請ができることと良いアルファポリスと全く一緒です。

サイトの開設自体一年ほどしか経過しておらず、登録されている作品も少ないです。

ただAIの文章解析というのは特徴的なので今後に期待といったところでしょうか。

コメントを残す