日記

現在の小説執筆環境 [ パソコンの環境 – ツールやソフト ]

こんにちは、おーびる(@Ouvill )です(/・ω・)/

皆さんは小説を執筆するとき、どのような環境で執筆してますか。人によって様々な小説の執筆スタイルがあると思います。

今回は自分の執筆するときに使っているツール等々を公開しようと思います。素人の自分の執筆環境なんて公開してどうなんだって事もあるかもしれないですが……

とりあえず、自分はなかなかのパソコンヲタクであると自覚しているのでその環境を公開します。

小説執筆に使うソフトやツール

OS:Linux

私が使っているパソコンのOSは Linux の Ubuntu というOSです。そうです。Windows や Mac ではありません。

わざわざ使用している理由ですが、

  • Windows に比べてフォントレンダリングが綺麗なこと ( これ重要 )
  • 無料!
  • 管理人自身がプログラマーで、Linux のほうがソフトウェア開発で都合が良いことが多い。

まあ、小説執筆の理由には関係ないですね(・_・;)

キーボード:REALFORCE91UBK-S テンキーレス日本語配列カナなし

キーボードは高級キーボードとよばれるリアルフォースを使っています。価格は2万円前後。キーボードに二万円も出すとか馬鹿だろって言われそうですけど、このキーボード打ち心地が凄く気持ちが良いんです。コトコトコトって軽い力で文字を入力することが出来て、スラスラと文章が思い浮かぶときはストレスなく文字を入力できます。

キーボードに向かう機会が多い人は、良いキーボードを買うべきだと本当に思います。

マウス:logicool M570

マウスはトラックボールと呼ばれる一風変わったマウスを利用しています。マウスの表面に設置されたボールを転がすことによってマウスカーソルを操作します。

何よりの利点は省スペースであることと、長時間マウスを操作していても疲れないということです。操作感が独特なために人によっては好みが分かれるマウスです。

マウス操作性に少し難ありですが、慣れてしまえばボタンのクリックくらいなら普通のマウスと同じように扱えるようになります。

ただイラスト作成やゲーム用途には向かないマウスです。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t
  • ロジクール
  • 価格   ¥ 4,088 ¥ 7,733
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

日本語入力ソフト(IME) : Mozc ( google 日本語入力 )

google日本語入力のLinux 版、Mozc というソフトを使っています。変換精度はそこそこ。そもそも、Linux というOS を使っているからあまり選択肢はないです……。

Windows を利用している人なら Atok をオススメします。ホントに。ただ最近だとgoogle日本語入力もオススメできます。

ATOK 2017 for Windows [ベーシック] 通常版
  • ジャストシステム
  • 価格   ¥ 4,881 ¥ 8,640
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

テキストエディター : Atom

テキストエディターは Atom と呼ばれる海外製のエディターを使っています。自分たちで必要な機能をプラグインとして追加していけるすごいやつです。

主にプログラマーがよく使っているテキストエディターになります。

執筆中のアトムエディター

画面分割とかもできます。私はファイル一覧、小説のアウトライン(あらすじ)、本文、キャラ設定等のメモ書きを同時に表示させて執筆しています。話の流れ等が一望できるために、とても書きやすいです。

バージョン管理 : git

バージョン管理してますか。バージョン管理しておくと、何月何日にこの文章を追加した、削除した等を記録することが出来ます。

いつでも以前のバージョンに戻ることが出来るため、修正作業も臆することなくどんどん出来ます。

何日にどれだけ文字を書いたのかがわかれば進捗管理もできるようになるため、バージョン管理をすることをオススメします。

バージョン管理ソフトもいくつかあるのですが、自分はgit というものを使っています。これもプログラマーのあいだでよく使われているソフトです。ただ使い方が独特なため、慣れるまでが大変です。

まとめ

物書きの環境としてはなかなか変態チックな環境になっていると思っています(・_・;)

コメントを残す