Twitter と Mastdon(Pawoo) を連携させる方法

未分類
スポンサーリンク

こんにちは、おーびる(@Ouvill )です(/・ω・)/

マストドンというものをご存知でしょうか。Twitter によく似たマイクロブログサービスであります。ツイッターと同じように「いいね(お気に入り)」や「リツイート(ブースト)」ができます。

さてさて、普段私はツイッターを使って日々思ったことを呟いたり呟いていなかったりしています。ツイッターで恐ろしいのが凍結やアカウント乗っ取られ、サービスの停止などなど……ツイッターが突然使えなくなることでございます。

突然使えなくなったときのために代替手段を用意しておくというのは、リスク管理としてしておくべきです。

偶然にも、数年前からマストドンというツイッターとよく似た機能を持っているサービスが提供されるようになりました。もしツイッターがなくなったら、こちらのほうに引っ越せばよいわけです。

私は Pixiv が運営するマストドンの一つ pawoo にお引っ越し用アカウントを作成しました。

アカウントを作ったはいいのですが、普段はやはりTwitter を使いたい。そしてツイートした内容は自動的にPawoo のほうにも反映したいと思いました。

ツイッターのクローンアカウントを作るイメージです。

それでは、これから本記事のメイン、いかにして Twitter のツイートをマストドンのアカウントへ反映させるかの解説です

Twitter のツイートを自動的にマストドンでトゥートする

利用するサービスは IFTTT です。

マストドンからアクセストークンを取得する

最初にアクセストークンという64桁の数字を取得します。画像つきで説明していきます。なお、今回操作しているマストドンのインスタンスは Pawoo です。他のインスタンスでは若干設定画面が異なる場合があります。

マストドンの設定画面を開きます。
左下の開発をクリックします。

新規アプリをクリックします

アプリ名」に適当な名前を入力し「送信」をクリックします。(画像ではfrom twitterと入力)

アプリ一覧に新たに作成したアプリが表示されているので、クリックします

アクセストークンが表示されていることを確認します

お疲れ様です。以上でアクセストークンを取得できました。
次に IFTTT を登録していきます。

IFTTT に登録する

  • My Applets から New Applet をクリックします。
  • 青文字のthis をクリックし、Twitter を選択します。
  • New tweet by you をクリック
  • retweet@replies を転送するか選択し、Create trigger をクリック
  • 青文字の that をクリック
  • Search services のところに webhook と入力し Webhooks を選択
  • Make a web request をクリック
  • 以下のとおりに項目を入力します。

URL は自身がお使いのインスタンスURLに書き換えてください。例では pawoo をあげています。
※pawoo.net の場合 https://pawoo.net/api/v1/statuses
※mstdn.jp の場合 https://mstdn.jp/api/v1/statuses
<64字の英数字>は先程取得したアクセストークンの文字に書き換えてください。<>も含めて書き換えてください。

 

項目 内容
URL https://pawoo.net/api/v1/statuses
Method POST
Content Type application/x-www-form-urlencoded
Body access_token=<64字の英数字>&status= {{Text}}
  • 入力したら Create action
  • 最後に、Finishをクリック

以上でツイートした内容が自動的に転送されるようになります。

まとめ

マウスでポチポチ、一部キーボードの出番だけでツイッターとマストドンの連携ができたと思います。
いざというときのためにも、ツイッターとマストドンの連携いかがでしょうか?

それではまた(´∀`*)ノシ

参考
本記事を作成するにあたって以下の記事を参考にしました。

コメント