Twitter と Mastdon(Pawoo) を連携させる方法 – Twitterのつぶやきをマストドンに自動投稿

※画像がいくつか消失してしまっております。

この記事にかかれている内容を実行する前に(2021/05/28追記)

Twitterとマストドンを連携させ同時に投稿できるようにすると便利です。

ただし両方に投稿していても、片方の「いいね」や「スター」、「リプライ」にしか反応せず、もう一方には全く反応しないとなると、コミュニケーションが成り立たちません。

Twitter->Mastodonへの投稿を連携設定をする人も多いのですが、Mastodonには投稿しっぱなしで、Mastodonのアクションには全く反応しないという人々もいるようです。なので、Mastodon利用者の人々は「Twitter連携の人たちは全くMastodonの人々へ反応しないので鬱陶しい」という意見をもつ人もいらっしゃいます。

なので、これから紹介する方法はTwitterとMastodonの両方のアカウントを運用できる方が利用してください。

追記終了


前置き

マストドンというものをご存知でしょうか。Twitter によく似たマイクロブログサービスであります。ツイッターと同じように「いいね(お気に入り)」や「リツイート(ブースト)」ができます。

TwitterとMastdonは似て非なるサービスです。どちらか一方にツイート、トゥートしても、もう一方に投稿されることはありません。

ですが、Twitterとマストドン両方使いたいと思ったときに、それぞれのサービスで同じ内容をつぶやくのは二度手間です。

面倒を解消するために、本記事ではTwitter のツイートをマストドンのアカウントへ反映させる方法をご紹介します。

Twitter のツイートを自動的にマストドンでトゥートする

利用するサービスは IFTTT です。IFTTT とは、複数のサービスを結びつけて、あることが起こったら、それに対応してなにか自動で実行させる仕組みを簡単に作成できるサービス。

“IF This Then That”、「もし〜ならば、そのときは〜する」を構築するサービス

IFTTT の使用例

  • メールにスターをつけると、Evernote に保存される。
  • Twitter でいいねをおすと、Evernote に保存する。
  • Twitter で呟くと、Facebook のユーザーページにも投稿する
  • 雨が振りそうなら、メールで通知がくる

IFTTTを利用すると、以上のようなことが実現できます。そして、IFTTT の設定を行うことで、Twitter で呟くと、自動的に Pawoo(Mastdon) で呟く こともできます。

マストドンからアクセストークンを取得する

最初にアクセストークンという64桁の数字を取得します。画像つきで説明していきます。なお、今回操作しているマストドンのインスタンスは Pawoo です。他のインスタンスでは若干設定画面が異なる場合があります。

マストドンの設定画面を開きます。
左下の開発をクリックします。

新規アプリをクリックします

アプリ名」に適当な名前を入力し「送信」をクリックします。(画像ではfrom twitterと入力)

アプリ一覧に新たに作成したアプリが表示されているので、クリックします

アクセストークンが表示されていることを確認します

お疲れ様です。以上でアクセストークンを取得できました。
次に IFTTT を設定していきます。

IFTTT を設定する

  • IFTTT のアカウントを作成し、ログインしてください。
  • My Applets から New Applet をクリックします。
  • 青文字のthis をクリックし、Twitter を選択します。


New tweet by you をクリック

  • retweet@replies を転送するか選択し、Create trigger をクリック
  • 青文字の that をクリック
  • Search services のところに webhook と入力し Webhooks を選択
  • Make a web request をクリック
  • 以下のとおりに項目を入力します。
項目内容
URLhttps://pawoo.net/api/v1/statuses
MethodPOST
Content Typeapplication/x-www-form-urlencoded
Bodyaccess_token=アクセストークン(64字の英数字)&status= {{Text}}

アクセストークンが = “1234567890” の場合、Body には以下のように入力します
access_token=1234567890&status= {{Text}}

URL は自身がお使いのインスタンスURLに書き換えてください。例では pawoo をあげています。
※pawoo.net の場合 https://pawoo.net/api/v1/statuses
※mstdn.jp の場合 https://mstdn.jp/api/v1/statuses
※friends.nico の場合 https://friends.nico/api/v1/statuses

入力したら Create action

最後に、Finishをクリック

以上でツイートした内容が自動的に転送されるようになります。

補足

もし IFTTT を用いた Twitter から Mastdon への自動投稿がうまくいかない場合、Twitter のアプリ認証を行うとうまくいくかもしれません

注意事項

ツイート内容をMastodon に自動投稿だけして垂れ流しの状態は、Mastodon の住民に嫌われることがあります。せめて、Mastodon のクライアントアプリもインストールして、「リプライ」や「ブースト」、「お気に入り」されたときに通知が来るように設定し、コミュニケーションを取れるようにしておいたほうが良いです。

まとめ

マウスでポチポチ、一部キーボードの出番だけでツイッターとマストドンの連携ができたと思います。
いざというときのためにも、ツイッターとマストドンの連携いかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です